GRN WEB SITE

バーチャルホストの設定はてなブックマーク Buzzurl

バーチャルホストの設定

まず、最初に今後編集しやすさもかねて外部から設定を読み取るようにします。

Apacheのconf フォルダ の中にある httpd.conf をテキストエディタで開きます。

(ここに書いてある行数は目安です。)


937行目に Include conf/vhost.conf を書き加えます。

これで外部ファイルvhost.confに設定を書けば読み込んでくれるようになります。vhost.confconf フォルダと同じところに作ります。

以下にvhost.confに書く1例を示します。



NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
  ServerAdmin webmaster@guron.net
  DocumentRoot f:/web/grn/
  ServerName guron.net
   
  ErrorLog logs/guron.net-error_log
  CustomLog logs/guron.net-access_log combined
</VirtualHost>




NameVirtualHost *:80

これは名前ベースのバーチャルホストのための IP アドレスを指定します。
*:80 だとIPアドレスは制限なしでポートは80のみという設定になります。* だけだとIPアドレス、ポート番号ともに制限なしの設定になります。


<VirtualHost *:80>

これは以下で設定するServerNameに対するIPアドレスとポートの設定です。


ServerAdmin webmaster@guron.net

これは以下で設定するServerNameに対するメールアドレスの設定です。
他にもサーバーエラーが出たときにこのメールアドレスが表示されます。


DocumentRoot f:/web/grn/

これは以下で設定するServerNameに対するDocumentRootの設定です。
ここで設定されたルートにアクセスされることになります。


ServerName guron.net

ServerNameを設定します。
ここで設定されたホストネームでアクセスしてきたときに<VirtualHost *:80>〜</VirtualHost *:80>内で設定されたことが反映されます。


ErrorLog logs/guron.net-error_log

これはServerNameに対するエラーログの場所とファイル名を決定します。


CustomLog logs/guron.net-access_log combined

これはServerNameに対するアクセスログの場所とファイル名を決定します。



これでバーチャルホストの設定は終わりです。


バーチャルホストの設定はこのほかにも、ディレクトリやユーザーディレクトリなど他にもいろいろと設定することが可能です。


About | Site Map | ©2004-2008 GRN All rights reserved